外付けHDDって何?

HDDは目覚しい勢いで大容量化が進んでいきました。

低価格も進んでおり、大容量のHDDが手ごろな価格で購入することができるようになっています。

HDDといえば、まず内蔵型のものを連想する人も多いのではないでしょうか。

パソコンを購入した際に備え付けられているものです。

また、ケースの大きさにもよりますが、内臓HDDをいくつか増設するスペースも用意されています。

そのためHDDを購入する際にもまず内蔵型を、と考える人も多いのではないでしょうか。

しかしHDDにはもうひとつのタイプがあります。

外付けHDDです。

これは文字通りパソコンの内部に設置するのではなく、外部からパソコンに接続する形のHDDです。

現在ではUSBで接続するタイプが一般的となっています。

外付けHDDは同じ容量の場合、内蔵型に比べて割高になりますし、設置するスペースをとることになります。

その分デメリットが多いようにも思えますが、外付けだからこそのメリットも多数あります。

まずデータのバックアップ用としてです。

現在のハードディスクはOSを起動中でも着脱が可能になっていますから、いつでもデータをバックアップすることができます。

DVDなどバックアップ用のメディアに比べて容量ごとの単価が段違いに安く済むのも大きな魅力です。

それからパソコン間のデータの移動です。

大容量のデータの移動も外付けHDDを使用すれば簡単に行うことができます。

また、パソコン内部のスロットが埋まってしまい、これ以上増設できない場合にも便利です。

このように、常設としてももちろん、幅広い用途として利用できるのが外付けHDDの魅力なのです。