臨床心理士 資格取得方法

メンタルケアが老若男女に対して必要だと叫ばれている昨今では、臨床心理士の存在が広く求められています。

臨床心理士の資格を持っていると、学校や自治体なのでのカウンセリングなどを行う事ができ、また医療の面での患者の心理状態を把握しながら適切な診療方針を立てることができるようになります。

臨床心理士になるには財団法人日本心理士資格認定協会の資格試験に合格することが大前提です。

まずは受験資格をクリアしないといけません。

あらかじめ臨床心理士養成のための指定大学院(一種・二種)や専門職大学院の修了(卒業)することが受験資格となります。

また指定大学院での履修を修了しても、第二種指定大学院修了生に関しては1年以上の心理臨床経験が必要になります。

医師免許を取得している方であれば、医師免許取得後2年以上の心理臨床経験が必要となり、心理学等を専攻し博士課程などを修了もしくは海外で相応する勉強をされていた方に関しては、大学院修了後2年以上の心理臨床経験が求められます。

一番の近道は第一種指定の臨床心理士養成のためのして大学院に入学して勉強をされることになるでしょう。

臨床心理士の認定試験は年に一度行われています。

筆記試験からなる一次試験と、口述面接試験の二次試験に分かれています。

一次試験と二次試験の結果を総合的に判断して資格付与決定となります。

臨床心理士の資格を取得後は5年ごとに更新する義務が生じます。

臨床心理士としての活動も行うことが義務付けられており、臨床心理として肝所と接することがもちろんのこと、論文を発表したり、研修会や学会に参加するなど自己研さんを積むことが求められます。