ローン難民って何?

改正貸金業法改正に伴い、、ローン難民という言葉を見聞する機会が増えています。

ローン難民というと、ローンの支払いが出来ず、どうしたら良いか悩んでいる方を対象とした言葉にも捉えられます。

しかし、正確にはカードローンを利用したい、借り入れを行いたいが出来ない方を指す言葉です。

これまでは、多重債務者や多額の借金を抱えている方が、新たに借金を作ることができないように法律で制限されていましたが、改定貸金業法により主婦の方も対象となる可能性があるのです。

実は、改正貸金業法の改正にあたり、が年収の1/3となってしまいました。

簡単に言えば、年収300万円の人が借り入れを行う際、その上限が100万円までとなったのです。

つまり、年収300万円の主婦なら100万円まで借りることができるのですが、既に100万円以上の借り入れを行っている場合は、新規にローンを組むことが出来なくなっているのです。

特に、主婦の場合、金融に関する知識に乏しいだけなく、法律改正による自分への影響を全く知らない場合があります。

そのため、無人のカードローン契約機や、新規に借り入れを行う際、審査が下りなかったというケースに見舞われます。

但し、全てのキャッシングが対象という訳ではなく、自動車ローンや住宅ローンが対象外となっています。

これから新規にカードローンを利用する人や、追加でキャッシングカードを契約する方は、自分がローン難民の対象にならないかどうか、事前にチェックしておくようにしましょう。