更年期と抜け毛の関係について

更年期の女性にはさまざまな症状が現れるものですが、抜け毛の増加もその1つです。

およそ40代後半から始まる更年期には、気分の上でもイライラしやすくなり。

情緒不安定などが多発しますが、一方では抜け毛にもその影響が及んでいるのです。

更年期の女性の体内では、エストロゲンやブロゲステロンなどの女性ホルモンが急速に減少します。

頭髪に関していえば、これまで女性ホルモンと男性ホルモンとが、うまい具合にバランスを取ることで、美しくキープされていた髪が、このバランスがくずれてしまうことで一気にダメージを受けることになります。

更年期の脱毛では髪の毛そのものの数も少なくなりますが、1本1本の髪の毛も艶や張りが無くなり、細く切れやすくなります。

またヘアースタイルもなかなか思い通りにまとまらなくなり、パサつきがひどくなります。

このように更年期は原因となっている抜け毛対策には育毛シャンプーを使うことが非常に効果的となります。

育毛シャンプーはアミノ酸系シャンプーなどが、洗い流した後にも柔らかな感じが残るのでおすすめです。

少々通常のシャンプーよりは高価になりますが、髪のためだと思って投資するつもりで贅沢して下さい。

また更年期の女性と言えばイライラ感や情緒不安定などがつきものですが、こうしたことも大きなストレスとなり、直接の抜け毛の原因となります。

こうした時には我慢せずに婦人科などを訪れるようにしましょう。

婦人科では女性ホルモンなどの含まれた薬剤を処方してくれますので、これを服用することで、さまざまな更年期の症状を緩和することが可能となります。