加齢臭の原因は何?

加齢臭は名前の通り加齢によって起こる体臭を示しているのですが、原因に関しては未だ研究中ということもあり分かっている事は一部に留まっています。

このように原因となると少々難しい加齢臭ですが現在解明されているメカニズムを少し確認してみましょう。

加齢臭が“ノネナール”と呼ばれる物質によって引き起こされると解明されたのは2000年と非常に近年の出来事出す。

このノネナールは加齢によって増加するとされ男性では40代から顕著に現れる物質である事が解明されています。

ノネナールは汗などに含まれる脂肪酸が酸化すると発生することによって発生する物質であり、汗腺が多い男性に多く発生することから“オヤジ臭”とも呼ばれています。

加齢臭の原因である脂肪酸は男女共に分泌される物質なのですが、女性の場合には女性ホルモンの働きにより脂肪酸が酸化し難いという事から、男性に比べ女性の加齢臭は少ないことが分かっています。

ただ、女性の場合には女性ホルモンの分泌が少なくなる閉経後(50歳前後)に加齢臭が発生し始めます。

このように加齢臭は脂肪酸の酸化を原因であるという研究結果から、様々な加齢臭予防グッツの開発が行われています。

加齢臭が気になり始めたら加齢臭予防対策を行いましょう。